夢の無料風俗!今度はソープが無料で利用可能に!?

男なら一度はあこがれる風俗ライターという職業。

風俗行くことが仕事。
風俗代は経費に。
もうこれ以上幸せな仕事はないですよね。

仕事にしてみたら純粋に楽しめなくなるのでしょうが。
仕事ゆえの悩みなんていうのもあるのでしょうが。

とはいえ経験した事がない人間にとってはとても魅力的に感じる職業ですよね。

少し前に話題いなったSODの風俗情報サイトKAKU-BUTSUの覆面調査団員。
KAKU-BUTSUにレビューを寄稿する代わりに風俗代はKAKU-BUTSUが持ってくれるというなんともうらやましいシステム。

なんと今度はソープの調査団員を募集しています。
通常の募集もそうですが、募集すれば誰でも合格できる訳ではありません。
もちろん面接や審査があります。

しかしソープが無料で行き放題というのはなんともうらやましい限りですよね。
募集してみたい!という人も多いのではないでしょうか?

ただソープ調査団員の募集要項に「ソープ経験が豊富」との記載あり。
ソープってめちゃくちゃ高いですからね。
ソープ経験が豊富な人はかなり限られてくるのではないでしょうか?
通常の調査団員以上のモノが求められそうですね。
合格率はかなり低そう。
その前にソープ経験が豊富という募集要項の時点で大抵の人は淘汰されてしまうのではないでしょうか?

ならば通常の調査団員に…と思う人も多いかと思いますが、以前より採用の基準がかなり厳しくなっていますね。
以前は書類審査と面接程度だったと思うのですが今は要請講座の受講が必須になっています。

覆面調査団員は以前そこかしこで話題になったので応募者が殺到したのでしょうね。
ゆえに選考基準も見直したという事ではないのでしょうか?

風俗ライターって薔薇色の生活なイメージがありますけど理想と現実ってギャップがあるものですからね。
実際はイメージするほどいい物ではないのでしょうが。
とはいえ一度くらいはやってみたいと思うのが男の性ですよね。

かくいう私も以前覆面調査団員に応募しようとしたのですが。
結構大変そうで止めちゃいました。

合格するのも大変ですし合格したとしてもその後がまた大変らしいので。
適当なレビューを書ける訳がないし色々と制約もあるようで。

まぁ風俗は財布の中身と戦いながら出勤情報とにらめっこしながら時に地雷踏んで苦渋を舐めながらくらいが丁度いいのかもしれませんね。
と、いいつつやってみたい気持ちはまだあるのですが(笑)